新規就農を目指すために大切な三つのこと!

鶴岡市へUIターンをお考えの方の中には、「農ある暮らしをしたい」とか「Uターンして農業を継ぎたい」とか「在来作物を作りたい」など、農業をやりたいという方も少なくはありません。

3月25日付の山形新聞に元新規就農アドバイザーの百瀬清昭さん(元山形県立農業大学校長)の提言が掲載されましたので、ご紹介します。

20160325山形新聞(新規就農アドバイザー)

(平成28年3月25日 山形新聞掲載 )

平成26年度6月から新規就農アドバイザーをおつとめになられました百瀬さんは、3月末日をもちまして、退任されました。本市へ移住され、新規就農された方で百瀬アドバイザーにお世話になった方たちも沢山おります。どうもありがとうございました。

また、4月からは新しく鈴木哲夫さんが新規就農アドバイザーに就任されました。どうぞよろしくお願いいたします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。