宝島社『田舎暮らしの本』2018年2月号 「第6回 住みたい田舎ベストランキング」で東北第1位に!

新年明けましておめでとうございます。

いつも当サイトをご覧いただきまして、ありがとうございます。

本年も、移住•定住に関するお役立ち情報をはじめ、

地域情報などもどんどん発信していきたいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、1月4日(木)発売の宝島社田舎暮らしの本 2月号』

「2018年版 住みたい田舎ベストランキング」が発表されました。

「住みたい田舎ベストランキング」は、2013年にスタートしました。

第6回目となる今回は、移住支援策、自然の豊かさ、医療、子育て、災害リスク、移住者数など含む194項目のアンケートに671自治体が回答。

人口10万人未満の「小さなまち」と、10万人以上の「大きなまち」にグループ分けランキングを発表しました。

鶴岡市は「大きなまちランキング」にて

【総合部門】  第8位

【若者世代が住みたい田舎部門】  第3位

【子育て世代が住みたい田舎部門】  第10位

【シニア世代が住みたい田舎部門】  第17位

 

東北エリアでは

【総合ランキング】 第1位

【若者世代が住みたい田舎】 第1位

【子育て世代が住みたい田舎】 第1位

【シニア世代が住みたい田舎】 第3位

をいただきました。

これからも移住•定住をお考えの皆様から

選ばれるまちになるよう、魅力的なまちづくりに取り組んでまいります。

 

詳しくはこちら⇒⇒宝島社『田舎暮らしの本』2018年2月号をご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です